芸能人・経営者のおくやみ情報

木村伊兵衛 氏(きむらいへい)

写真家[日本]

1974年 5月31日 死去享年74歳

木村 伊兵衛(きむら いへい、1901年12月12日 - 1974年5月31日)は、20世紀に活動した日本の写真家。
戦前・戦後を通じて活動した日本を代表する著名な写真家の一人。
報道・宣伝写真やストリートスナップ、ポートレート、舞台写真などさまざまなジャンルにおいて数多くの傑作を残している。
特に同時代を生きた写真家、土門拳とはリアリズム写真において双璧をなす。
1901年 - 東京市下谷(現在の東京都台東区)に生まれた。
子供のころからおもちゃカメラを手にして写真に興味を持った。
1920年 - 砂糖問屋の台湾台南市支店に勤務する傍ら、同市にあった遠藤写真館で営業写真の技術を習い、アマチュア写真クラブにおいて頭角を現した。
1924年 - 内地帰還後、日暮里で写真館を開業した。
1929年8月19日 - 霞ヶ浦にグラーフ・ツェッペリンが飛来した際、フーゴー・エッケナー船長が縦型距離計フォーディスつきのライカIAを首に提げていたのに触発されたのがライカ購入の動機になったという。

きむらいへえ [生]1901.12.12.東京[没]1974.5.31.東京写真家。1919年京華商業学校卒業。関東大震災後,23年に自宅で写真館を開業したが,30年から花王石鹸広告部嘱託となり初めてA型ライカを手にした。以後ライカ一筋の作画に励む。32年『光画』同人。翌年名取洋之助,伊奈信男,岡田桑三,原弘らと「日本工房」を設立し,花王石鹸を退社。34年名取と分れて「中央工房」を設立し,海外へ報道写真を送る。36年日独合作映画『新しき土』のスチール写真を担当。第2次世界大戦後は報道写真の中心的存在として,50年日本写真家協会初代会長となる。54年ヨーロッパ旅行以後,中国を4度訪問して取材。軽妙なスナップ・ショットは名人芸とされた。代表作品『木村伊兵衛外遊写真集』(1955),『前進座舞台写真集』(66)。55年に菊池寛賞,56年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。 (引用元 コトバンク)