芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘルムート・シュミット 氏Helmut Heinrich Waldemar Schmidt

政治家、元西ドイツ首相[ドイツ]

2015年 11月10日 死去享年98歳

ヘルムート・シュミット - ウィキペディアより引用

ヘルムート・ハインリッヒ・ヴァルデマール・シュミット(Helmut Heinrich Waldemar Schmidt、1918年12月23日 - 2015年11月10日)は、西ドイツの政治家。
ドイツ社会民主党 (SPD) 所属。
第5代連邦首相(在任:1974年 - 1982年)。
その他国防相(1969年 - 1972年)、経済財務相(1972年)、財務相(1972年 - 1974年)、外務大臣(臨時、1982年の2週間)を歴任。
1983年からは『ディー・ツァイト』紙の共同編集者を務める言論人・文化人でもある。
生い立ち ハンブルクの生まれでそのことに誇りを持ち、現在はハンブルク市民に「卓越したハンザ人」と敬愛されている。
両親はいずれも教師だった。
しかし父はユダヤ教徒の商人と女性給仕の間に生まれた私生児で、ナチスの政権獲得後にユダヤ人に対する差別と迫害が始まると、父は書類を偽造してアーリア人である証明書を得た、とシュミット自身が告白している。

Helmut Heinrich Waldemar Schmidt 政治家、元西ドイツ首相 1918年12月23日、生まれ。 ハンブルク市出身。 ハンブルク大学在学中に社会民主党入党。 1969年からドイツ連邦共和国(旧 西ドイツ)の国防相、経済相・蔵相を務める。 1974年5月16日、西ドイツ首相に就任。 1982年10月1日、不信任決議により、首相を辞任。 1983年、週刊紙「ディー・ツァイト」の共同発行人を務める。 1987年、ドイツ連邦議会から引退。 2015年11月10日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)