芸能人・経営者のおくやみ情報

スブラマニアン・チャンドラセカール 氏Subrahmanyan Chandrasekhar

天体物理学者[インド→アメリカ]

1995年 8月21日 死去心不全享年86歳

スブラマニアン・チャンドラセカール - ウィキペディアより引用

スブラマニアン・チャンドラセカール(Subrahmanyan Chandrasekhar、(タミル語: சுப்பிரமணியன் சந்திரசேகர்)、[ˌtʃʌndrəˈʃeɪkɑr] (13px 聞く)、1910年10月19日 - 1995年8月21日)は、インド生まれのアメリカの天体物理学者。
シカゴ大学教授。
王立協会フェロー。
1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱したことで知られる。
1910年、イギリスの統治下にあった英領インドのラホール(現パキスタン領)に生れた。
1930年、マドラスのプレシデンシ大学を卒業。
当時の宗主国イギリスのケンブリッジ大学に留学する。
イギリスへの渡航途中、船上にて、白色矮星の質量には上限(チャンドラセカール限界)があることを発見した。
1933年、学位を取得する。
ケンブリッジではアーサー・エディントンに師事した。
チャンドラセカール質量の研究について、この質量を超えた天体がブラックホールになりうるという事等、後年に高く評価される結果をエディントンは徹底的に批判したため、確執が生まれる。