芸能人・経営者のおくやみ情報

快川紹喜(かいせんしょうき)

侶・臨済宗、甲斐恵林寺住職[日本]

(信長の武田征伐の際に、恵林寺の山門に閉じ込められ焼討ちされる、天正10年4月3日入寂)

(ユリウス暦) 1582年 4月25日 死去焼死享年81歳

快川紹喜 - ウィキペディアより引用

快川 紹喜(かいせん しょうき、文亀2年(1502年) - 天正10年4月3日(1582年4月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗の僧。
諱は紹喜。
字は快川。
俗姓は土岐氏で、美濃国の出身といわれるが、別説もある。
永正10年(1513年)、12歳で出家。
天文14年(1545年)5月16日、快川の母亡くなる。
妙心寺の仁岫宗寿の法を継いだ。
美濃国の寺院を経て妙心寺の43世に就任し、美濃の崇福寺住職となる。
美濃国主の斎藤義龍との間で「永禄別伝の乱」と呼ばれる宗教上の混乱が起こり、一旦美濃を離れるが、義龍の死去に伴い帰国。
永禄7年(1564年)には甲斐国の武田信玄に招かれて恵林寺(甲州市塩山)に入寺し、武田氏と美濃斎藤氏との外交僧も務めている。
甲斐では信玄に機山の号を授けている。
天正4年(1576年)4月には、快川を大導師に、信玄嫡男の勝頼を喪主として信玄の葬儀が行われた(「天正玄公仏事法語」)。
天正9年(1581年)、正親町天皇より大通智勝国師という国師号を賜る。
天正10年(1582年)、織田信長の甲州征伐により武田氏が滅亡して領内が混乱すると、中世において寺院は聖域であるとする社会的観念があったため、信長に敵対した佐々木次郎(六角義定)、三井寺の上福院、足利義昭の家臣の大和淡路守らを恵林寺に匿い、織田信忠の引渡し要求を拒否したが、その後に焼討ちにあい、一山の僧とともに焼死した。

かいせんじょうき [生]?[没]天正10(1582).4.3.甲斐戦国時代の臨済宗の僧。快川は号。俗姓土岐。美濃の人。天正9(1581)年,正親町天皇より大通智勝国師の号の特賜を受ける。初め妙心寺の独秀乾才門下の仁岫宗寿に嗣法,妙心寺に住み,のち美濃の崇福寺,さらに武田信玄の帰依を受け,甲斐恵林寺に移住した。同10年,武田勝頼滅亡の際,六角承禎をかくまったため織田信長に寺を焼かれたが,その際「心頭を滅却すれば火もまた涼し」と唱え火中に没したという。 (引用元 コトバンク)