芸能人・経営者のおくやみ情報

ルチオ・フルチ 氏

映画監督脚本家[イタリア]

1996年 3月13日 死去糖尿病の合併症

『ルーチョ・フルチ』より : ルチオ・フルチ(Lucio Fulci イタリア語発音: [ˈlutʃo ˈfultʃi] 1927年6月17日 - 1996年3月13日)はイタリアのローマ出身の映画監督、脚本家。
主にホラー映画・スプラッター映画を舞台に多くの作品を製作した。
ローマ生まれ。
映画製作者を志してローマ実験映像センターに学んだのち、イタリア式コメディで名を馳せた映画監督ステーノに師事した。
1959年に"I ladri"でデビューし、1970年代後半までコメディーとサスペンス(ジャーロ)映画で一定の評価を得た。
しかし、生来の反骨気質ゆえに1969年の"Beatrice Cenci"や1972年の『マッキラー』といった娯楽映画の中でカトリック教会を痛烈に批判し、扱いづらい職人監督というレッテルも貼られた。
1979年に南国を舞台にしたゾンビ映画『サンゲリア』を監督したことによってフルチの監督人生は180度変わる。
攻撃的な人体破壊シーンと全編を流れる耳障りなノイズは多くのクリエーターに影響を与え、ジョージ・A・ロメロと双肩を成すゾンビ映画監督、もしくはマスター・オブ・ゴアという肩書きを手に入れた。

Lucio Fulci 監督、脚本家、俳優 1927年6月17日、イタリア/ラツィオ州ローマ生まれ 1996年3月13日、イタリア/ラツィオ州ローマにて死去(糖尿病合併症) 身長:173 cm (引用元 Hatena Keyword)

「ルチオ・フルチ」と関連する人物(故人)