芸能人・経営者のおくやみ情報

村松梢風 氏(むらまつしょうふう)

作家[日本]

1961年 2月13日 死去享年73歳

村松 梢風(むらまつ しょうふう、本名:村松 義一(むらまつ ぎいち)、1889年(明治22年)9月21日 - 1961年(昭和36年)2月13日)は、日本の小説家。
静岡県周智郡飯田村(現:森町)生まれ。
作家村松友視の祖父。
経歴・作風 実家は素封家というほどではないが、祖父が利殖の才があったため村一番の金持ちだったという。
ただし、その金を梢風の父と梢風の代で殆ど放蕩し尽くしてしまった。
静岡中学を経て慶應義塾大学経済学部理財科に入学。
しかし、父が亡くなったため中退、静岡に戻り教師となる。
授業中に落語や百面相をやってみせたという。
近隣の村の娘と結婚するが、翌年同文学部に再入学する。
ところが、吉原などで遊蕩三昧を尽くしたため再び中退、幾つか職を転々とするがいずれもモノにはならなかった。
この頃には実家から金を持ち出すこともできなくなり、毎朝早くに起きて道端に落ちている金を拾ったりしていた。
後年、梢風は「結構落ちてるものでな」と語ったという。
梢風は文学に憧れてはいたものの、自分が文筆で身を立てるのは到底実現できないと思っていた。

むらまつしょうふう [生]1889.9.21.静岡,飯田[没]1961.2.13.東京小説家。本名,義一。新聞記者のかたわら,『琴姫物語』(1917)が滝田樗陰に認められて情話作者として出発,『正伝清水次郎長』(26~28)その他の考証的伝記風作品を多く書いた。新派の演目となった『残菊物語』(37)などの小説も多いが,『本朝画人伝』(40~43),『近世名勝負物語』(52~61)は克明な人物伝として評価が高い。 (引用元 コトバンク)