芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原咲平 氏

気象学者[日本]

1950年 9月22日 死去享年67歳

藤原 咲平(ふじわら さくへい、1884年10月29日 - 1950年9月22日)は、日本の気象学者。
英語名は、故郷の発音に忠実にするため、Fujiwharaと綴るのが正しい。
Fujiwaraは誤り。
来歴・人物 長野県諏訪郡上諏訪町(現在の諏訪市)生まれ。
父は後の町長・藤原光蔵。
高島尋常小学校・諏訪高等小学校(現・諏訪市立高島小学校)を卒業。
高島尋常小学校・諏訪高等小学校では陸軍中将の永田鉄山と同級であり、また同じく諏訪出身で岩波書店の創立者である岩波茂雄らとは生涯にわたって交友があったとされる。
長野県立諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)、第一高等学校第2部を卒業。
1909年7月に東京帝国大学理論物理学科を卒業し、中央気象台(現・気象庁)に入って技術見習員講師となる。
岡田武松課長のもとで天気予報に従事する一方、田丸卓郎、佐野静雄らの指導を受ける。
1910年には積雪中の熱伝導の問題を研究。
また、水産講習所にも嘱託講師として出講し、1911年には技手となる。
統計課では、「雷雨報告」第一号や「雨量年報」の編集に携わるとともに、風向観測法の研究も行う。

ふじわらさくへい [生]1884.10.29.長野,諏訪[没]1950.9.22.東京気象学者。1909年東京帝国大学物理学科卒業。中央気象台に入り,1941~47年同気象台台長。その間,1920年「音響異状伝播の研究」で帝国学士院賞を受賞。低気圧の研究などを行ない,1937年帝国学士院会員。当時,世界の気象学の先端をなしていたノルウェー学派の天気図解析法を日本に導入,お天気博士と呼ばれた。著書に『雲』『雲を掴む話』などがある。 (引用元 コトバンク)