芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・シュトラウス2世Johann Strauss II

作曲家指揮者[オーストリア=ハンガリー帝国]

1899年 6月3日 死去享年75歳

ヨハン・シュトラウス2世 - ウィキペディアより引用

ヨハン・シュトラウス2世(ドイツ語: Johann Strauss II、1825年10月25日 - 1899年6月3日)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者。
音楽家ヨハン・シュトラウス1世の長男。
弟には、次男のヨーゼフ・シュトラウスと四男のエドゥアルト・シュトラウス1世がいる。
生涯のほとんどをウィンナ・ワルツ、オペレッタ、ポルカなどの作曲に捧げ、オーストリアのみならずヨーロッパ各地で絶大な人気を獲得し、「ワルツ王」「ウィーンの太陽」「ウィーンのもう一人の皇帝」などと称えられた。
ウィーンにおいてはモーツァルトと人気を二分するクラシック作曲家であり、その肖像はかつてオーストリアの100シリング紙幣に描かれていた。
毎年元日に行われる「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」では、彼を中心とするシュトラウス・ファミリーの作品をメインにプログラムが組まれる。
生涯 幼少期 1825年10月25日、ウィーンの数キロ南に位置するザンクト・ウルリッヒ地区の、ロフラノ通り76番地で誕生した。

オーストリアの作曲家。父もヨハン・シュトラウスと名乗っていたので、区別するため2世と呼ぶ。ワルツ王。 (引用元 Hatena Keyword)