芸能人・経営者のおくやみ情報

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス 氏

作家[グアテマラ]

1974年 6月9日 死去享年76歳

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス - ウィキペディアより引用

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス(Miguel Ángel Asturias, 1899年10月19日 - 1974年6月9日。
ミゲル・アンヘル・アストリアスとも)は、グアテマラの小説家。
キューバのアレホ・カルペンティエルと共に魔術的リアリズムの担い手となり、その後のラテンアメリカ文学ブームの先導者となった。
判事でインディオの血をひく父と、教師をしていたインディオの母との間のメスティソとして生まれる。
両親は独裁者エストラーダ・カブレーラに反抗したために職を追われ、ミゲルが5歳の時に祖父の住む田舎に移り、現地のインディオ達や母から伝説や様々な話を聞いて育つ。
1917年にサン・カルロス・デ・グアテマラ大学医学部に入学するが、翌年法学部に転部。
1920年にストラーダ・カブレラが失脚すると、友人達と学生運動に参加して、学生新聞発行に携わり、1922年に夜間のグアテマラ民衆大学設立に関わり、労働者に文法を教える。

グアテマラの小説家。 【Miguel Angel Asturias】 1899年10月19日、生まれ。1974年6月9日、死去。 大統領閣下 (引用元 Hatena Keyword)