芸能人・経営者のおくやみ情報

殿山泰司 氏

俳優エッセイスト[日本]

1989年 4月30日 死去肝臓がん享年75歳

殿山泰司 - ウィキペディアより引用

殿山 泰司(とのやま たいじ、1915年(大正4年)10月17日 - 1989年(平成元年)4月30日)は、兵庫県神戸市出身の俳優、エッセイスト。
泰明小学校、東京府立第三商業学校卒業。
終戦後の日本映画界において独特の風貌で名脇役として活躍した。
ジャズとミステリーをこよなく愛し、趣味を綴った著書も多数残している。
また、破天荒なその人生は、映画化もされている。
来歴・人物 神戸の生糸商の長男として生まれる。
父親は広島県生口島出身。
6歳の頃に父親の事業が破綻して両親は別居。
父とその愛人(泰司の義母となる)について上京し、東京都中央区銀座で少年時代を過ごす。
このとき父と義母が出したおでん屋が、今も銀座8丁目で営業をつづける「お多幸」である。
屋号は義母の名前からとられている。
幼名は殿山泰爾(たいじ)である。
中央区立泰明小学校卒業後、府立第三商業学校に入学。
1933年(昭和8年)に父が亡くなり、家業を継がねばならなくなるが、弟に譲り、俳優の道を志す。
1936年(昭和11年)新築地劇団に入団する。
同期入団者に千秋実、多々良純、小山源喜がいる。

とのやま-たいじ 1915-1989昭和時代の俳優。大正4年10月17日生まれ。昭和11年新築地劇団の研究生となり,14年映画デビュー。17年松竹入社。25年新藤兼人(かねと)らの近代映画協会創立に参加。多くの作品で個性的な脇役を演じた。「裸の島」「人間」では主演男優賞を受賞。平成元年4月30日死去。73歳。東京出身。東京府立第三商業中退。本名は泰爾。自伝に「三文役者あなあきい伝」。 (引用元 コトバンク)