芸能人・経営者のおくやみ情報

盛田幸妃 氏(もりたこうき)

プロ野球選手、解説者[日本]

2015年 10月16日 死去転移性悪性腺腫享年47歳

盛田 幸妃(もりた こうき、1969年11月21日 - 2015年10月16日)は、北海道茅部郡鹿部町出身のプロ野球選手(投手)。
1994年から1997年までの登録名は盛田 幸希。
現役時代に脳腫瘍に罹患しながら、リハビリにより復活を遂げた。
現役時代 鹿部中学時代は山本鉄弥の指導を受けた。
函館有斗高校(現・函館大学付属有斗高校)所属時に3度の甲子園出場を経験した。
3年時の1987年に開催された第69回選手権大会では、1回戦で上原晃を擁する沖縄水産高校に敗退した。
同年秋のプロ野球ドラフト会議で横浜大洋ホエールズから1位指名を受け、契約金4800万円、年俸420万円(金額は推定)で入団した。
ルーキーイヤーの1988年5月21日の中日ドラゴンズ戦で一軍デビュー。
1992年に監督の江尻亮によって重用されるようになり、中継ぎ投手として登板した出場がほとんど(この年は52試合中46試合)でありながら規定投球回に達し、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

  • 題名
    彼女がくれたマウンド
    著者
    盛田幸妃
    発売元
    光文社
    ページ数
    230ページ
    発売日
    2000-02
    新品価格
    中古商品
    ¥ 40 より

元プロ野球選手。登録名「幸希」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は15→17→21番。 1969年11月21日、生まれ。 北海道出身。 函館有斗高等学校(現・函館大学付属有斗高等学校)時代は3度の甲子園出場。 1988年、ドラフト1位で横浜大洋ホエールズに入団。 1991年、一軍に定着。 1992年、最優秀防御率のタイトルを獲得。 1994年、斉藤明夫の後を受け、背番号をエースナンバーである17番に変更。 リリーフ投手として、1990年代の横浜ベイスターズを支えた。 1998年、中根仁との交換トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍。8月までに主に中継ぎとして5勝をあげる。しかし、8月末に脳腫瘍が見つかり、9月に手術。すぐにリハビリを始める。回復力は驚異であった。 1999年、藤井寺球場で復活登板、シーズン最終戦に392日ぶりの1軍復帰。 2001年6月13日、福岡ダイエーホークス戦の中継ぎ登板で、手術後初めての勝利投手になり、「カムバック賞」を受賞。 2002年、現役引退。通算成績47勝34敗29S。 引退後はTBSラジオ野球解説者などを務めた。 2015年10月16日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「盛田幸妃」と関連する人物(故人)