芸能人・経営者のおくやみ情報

牛原虚彦 氏(うしはらきよひこ)

映画監督脚本家[日本]

1985年 5月20日 死去脳血栓享年89歳

牛原虚彦 - ウィキペディアより引用

牛原 虚彦(うしはら きよひこ、1897年3月22日 - 1985年5月20日)は、日本の映画監督、脚本家。
本名は牛原 清彦。
初期の松竹蒲田撮影所で活躍した映画監督で、鈴木傳明とのコンビで明朗な青春映画などを作り、島津保次郎らとともに蒲田映画の一翼を担った。
渡米してチャールズ・チャップリンの映画『サーカス』の製作に参加したことでも知られる。
監督引退後は日本大学芸術学部教授や日活芸術学院初代学院長などに就いて後進の指導にあたった。
毎日映画コンクール創設メンバーの一人でもある。
妻は女優の三村千代子で、息子は日活で活躍した映画監督の牛原陽一。
来歴・人物 松竹キネマ入社 1897年(明治30年)3月22日、熊本県熊本市京町に、父・満太郎と母・冬の6人兄妹の5番目として生まれる。
祖父の次三郎は京都禁裡警衛の任に選ばれた細川藩士54名の一人で、父の満太郎は熊本隊士として西南戦争に参加した後、九州日日新聞に勤務しながら柔術道場の師範を兼ねていた。

(1897-1985) 映画監督。 1897年熊本市生まれ、東京帝国大学を卒業後1920年に松竹に入社。その後、小山内薫のキネマ研究所に移り、研究所の第一作『路上の霊魂』の脚本を執筆後、『山暮るる』(1921年)で監督デビュー。1926年にはチャップリンの弟子となりハリウッドで学び、帰国後は松竹の明朗青春映画にアメリカ仕込みのモダニズム感覚を導入して「蒲田現代劇」の立役者となる。蒲田時代の代表作に『昭和時代』(1927年・主演:鈴木伝明、柏美枝)北村小松脚本の『彼と東京』(1928年・主演:鈴木伝明、八雲恵美子)『陸の王者』(1928年・主演:鈴木伝明、八雲恵美子、田中絹代)などがある。2006年には、失われていた「モダン活劇」的作品『海浜の女王』(1927年・主演:鈴木伝明、柏美枝)が映画保存協会により復元され話題を呼んだ。 1930年に松竹を去り渡欧。帰国後は、日活、新興キネマ、大映等で活躍。戦後は、日本大学教授、国際映画祭審査など映画界の長老的存在として幅広く活躍した。 著作に『虚彦映画譜五十年』(鏡浦書房、1968年)がある。 (引用元 Hatena Keyword)