芸能人・経営者のおくやみ情報

金子信雄 氏

俳優、料理研究家[日本]

1995年 1月20日 死去細菌性敗血症享年73歳

金子信雄 - ウィキペディアより引用

金子 信雄(かねこ のぶお、1923年(大正12年)3月27日 - 1995年(平成7年)1月20日)は、俳優・料理研究家。
夫人は女優の丹阿彌谷津子。
あだ名は「ネコさん」。
来歴・人物 東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。
小学校1年の時から結核を患っており、20歳まで闘病生活をした。
京華学園卒業。
1943年(昭和18年)に文学座所属俳優として芸能界入りする。
1946年(昭和21年)に成瀬巳喜男監督の『浦島太郎の後裔』で映画デビュー。
1952年(昭和27年)、演劇観の違いから文学座を退団し、木村功らと青年俳優クラブを結成した。
のちに青俳を脱退。
映画・テレビドラマ界では人間臭い悪役俳優として名を馳せた。
日活全盛期のアクション映画や東映の任侠映画・やくざ映画で活躍した。
実録ヤクザ映画の『仁義なき戦い』シリーズでは、小心でずる賢いヤクザの組長役を全5作を通して見事に演じた。
1966年(昭和41年)に妻の丹阿弥谷津子と新演劇人クラブ・マールイを結成しその主宰となる。
団員には文学座に入座する前の松田優作などが在籍した。
俳優業以外でも料理研究をライフワークとしており、1987年(昭和62年)から、朝日放送(ABCテレビ)で自ら考案した料理を披露する番組『金子信雄の楽しい夕食』を放送。

俳優・料理家? 誕生日:1923年3月27日 出身地:東京都 奥さんは女優の丹阿彌谷津子 1943年、文学座に参加。 1950年代から東宝、日活、東映などの映画に数多く出演。やくざ・任侠ものが多かった。 食通・料理人としても知られ、「金子信雄の楽しい夕食」で料理の腕も披露した。同タイトルの本も出版されている。 1995年1月20日、死去。71歳。 (引用元 Hatena Keyword)