芸能人・経営者のおくやみ情報

吉村公三郎 氏

映画監督[日本]

2000年 11月7日 死去急性心不全享年90歳

吉村公三郎 - ウィキペディアより引用

吉村 公三郎(よしむら こうざぶろう、1911年9月9日 - 2000年11月7日)は、昭和期の映画監督である。
兄はフランス文学者の吉村正一郎。
4人の子供を儲け、長男は元NHK解説委員の吉村秀實。
映画監督の西村昭五郎は、いとこ。
生涯・人物 生い立ち 滋賀県大津市膳所生まれ。
吉村家は、同県坂田郡山東町の中山道で代々脇本陣を営んでいた。
父・吉村平造は大阪朝日新聞社の政治記者から、保険会社重役などを経て、大阪市助役、第11代広島市長(在任1915年1月~1916年12月)を務めたため、これに伴い2歳から京都市下京区で、4歳時は広島市大手町で育った。
広島を発つ前の晩、家族で萬代橋のたもとにあった映画館で映画を初体験。
チャップリンの映画に感銘を受けたことが映画を志す切っ掛けだったという。
その後も父の転職により、4歳から11歳まで再び京都で、11歳から12歳まで東京向島で育つが、関東大震災により、父の郷里・滋賀県山東町に転居。

よしむらこうざぶろう [生]1911.9.9.滋賀[没]2000.11.7.神奈川映画監督。1929年松竹蒲田撮影所に入り,島津保次郎の助監督を務めた。1934年に無声の短編喜劇『ぬき足さし足・非常時商売』で監督デビューし,1939年に正式に監督に昇格。『暖流』(1939)でその地位を確立し,『西住戦車長伝』(1940)も好評を博した。1950年に松竹を退社し,新藤兼人と独立プロダクション近代映画協会を設立した。戦前から戦後の日本映画の黄金期を支え,文芸作品から社会問題まで幅広いテーマで作品を撮り続けた。おもな作品に『安城家の舞踏会』(1947),『わが生涯のかゞやける日』(1948),『森の石松』(1949),『偽れる盛装』(1951),『足摺岬』(1954),『夜の河』(1956),『こころの山脈』(1966),『襤褸(らんる)の旗』(1974)などがある。1976年紫綬褒章,1982年勲四等旭日小綬章を受章。 (引用元 コトバンク)