芸能人・経営者のおくやみ情報

半井桃水(なからいとうすい)

作家[日本]

1926年 11月21日 死去享年66歳

半井 桃水(なからい とうすい、1861年1月12日(万延元年12月2日) - 1926年(大正15年)11月21日)は、日本の小説家。
本名は冽(「きよし」、または「れつ」)だが「洌」との表記もある。
幼名は泉太郎(せんたろう)。
半井湛太郎・藤の4人弟妹の長男として対馬厳原藩、現在の長崎県対馬市厳原町に生まれる。
父の仕事の関係で少年期は釜山で過ごす。
家計を助けるため12歳から釜山で働き始めるが、英語を学ぶため日本へ戻され、進学する。
10代の中ごろに上京して尺振八の共立学舎に学び、いくつかの新聞社を転々としたあと(明治21年)に東京朝日新聞の記者となり、朝鮮語が話せることから通信員として釜山に7年間駐在する。
翌年、同紙上に「唖聾子」を掲載、続いて「しぐれ縁」「海王丸」などで新聞小説家としての地位を確立、三崎町の新開地で葉茶屋「松濤軒」も経営していた。
1891年(明治24年)から連載した長編「胡沙吹く風」が代表作。
同年、樋口一葉が門下に加わる。
一葉の処女作「闇桜」は桃水の校閲を経て『武蔵野』に発表された。

「半井桃水」と関連する人物(故人)