芸能人・経営者のおくやみ情報

小山五郎 氏

元三井銀行社長[日本]

2006年 3月2日 死去心不全享年96歳

小山 五郎(こやま ごろう、1909年3月25日 - 2006年3月2日)は、日本の銀行家。
三井銀行(現:三井住友銀行)の社長、会長を歴任した。
来歴・人物 群馬県太田市出身。
1932年に東京帝国大学経済学部卒業後、三井銀行入行。
三井グループの命取りになりかねなかったイラン・ジャパン石油化学(IJPC)の後始末で尽力したが、この件では旧制静岡高校の同窓だった中曽根康弘元首相の協力を取りつけたとも言われている。
三越、鐘淵化学工業(現:カネカ)の再建では黒幕的調整役として手腕を発揮、江戸英雄と共に三井グループの長老として崇敬されたが頑固な性格から、ケンカ五郎と呼ばれ、また、人斬り五郎、三井の首領(ドン)などともいわれた。
2006年3月2日、心不全のため東京都内の病院で死去。
96歳没。
日本経済新聞はその訃報で、「火中の栗を拾う『剛腕』 - 戦後の三井をリード」と評し、また、旧日本興業銀行の中山素平・旧日本長期信用銀行の杉浦敏介らに続く死により、戦後金融界のドンはほぼ鬼籍に入ったと伝えた。

こやま-ごろう 1909-2006昭和後期-平成時代の経営者。明治42年3月25日生まれ。昭和7年三井銀行(のちさくら銀行)にはいる。行動力があり,わかいころは「ケンカ五郎」とよばれた。東芝の再建で頭角をあらわし,43年社長,49年会長。三井グループの結集につくし,57年の三越事件では岡田茂社長の解任をすすめる。東京商工会議所副会頭もつとめた。平成18年3月2日死去。96歳。群馬県出身。東京帝大卒。旧姓は大島。号は莫。 (引用元 コトバンク)

「小山五郎」と関連する人物(故人)