芸能人・経営者のおくやみ情報

今村昌平 氏

映画監督脚本家、映画プロデューサー[日本]

2006年 5月30日 死去転移性肝腫瘍享年81歳

今村昌平 - ウィキペディアより引用

今村 昌平(いまむら しょうへい、1926年〈大正15年〉9月15日 - 2006年〈平成18年〉5月30日)は、日本の映画監督、脚本家、映画プロデューサー、日本映画学校(現・日本映画大学)の創設者。
カンヌ国際映画祭で2度のグランプリを受賞した日本を代表する映画監督の一人。
松竹、日活を経て、独立プロダクションの株式会社今村プロダクションの代表取締役を務めていた。
映画監督の長谷川和彦は正社員として所属した。
性格的には家父長志向が強く、そのことは一面では教育者として顔をも持ち合わせ、長谷川和彦を育て、映画人を育成する横浜映画専門学院を創立、後に日本映画学校となり 、日本映画大学の母体となった。
撮影所システムが1970年代に崩壊して、映画会社が人材育成をやめて以降の人材供給の役割を果たしていくことになった。
家族は妻と2男1女。
長男は脚本家で映画監督の天願大介。
次男は今村プロダクション代表取締役の今村竑介(いまむら ひろすけ、1963年3月22日 - )。
50年余の映画監督人生の中で、20作品を監督している。
妻は1970年代に近所の主婦を集めて『あしたのジョー』『サザエさん』『タイガーマスク』などのアニメの彩色と仕上げを行う下請けの仕事をして、今村が劇映画を撮れなかった10年間の家計を支えた。

いまむらしょうへい [生]1926.9.15.東京,木挽[没]2006.5.30.東京,渋谷映画監督。早稲田大学文学部卒業。1951年松竹入社。川島雄三監督に師事。1954年日活に移り,1958年喜劇『盗まれた欲情』で監督デビュー。『にあんちゃん』(1959)で認められる。人間の欲望,生命力をエネルギッシュに描きながら日本人の本質を追究した。1965年独立プロの今村プロダクションを設立。主要作品『豚と軍艦』(1961),『にっぽん昆虫記』(1963),『赤い殺意』(1964),『神々の深き欲望』(1968)など。『楢山節考』(1983)と『うなぎ』(1997)で2度のカンヌ国際映画祭パルムドール(グランプリ)を受賞。 (引用元 コトバンク)