芸能人・経営者のおくやみ情報

福田純 氏

映画監督脚本家[日本]

2000年 12月3日 死去肺がん享年78歳

福田 純(ふくだ じゅん、1923年2月17日 - 2000年12月3日)は日本の映画監督、脚本家。
満州出身。
日本大学芸術学部卒業。
1923年、満州国新京市で生を受ける。
父が南満州鉄道に勤務していたため、幼少期を満州で過ごす。
日本大学に進学したが、講義にはほとんど出ず、1日の大半を読書と映画鑑賞に費やしていた。
1946年、東宝の助監督募集を聞いて試験に参加し、200人が応募する中で合格。
稲垣浩や本多猪四郎らの助監督を務めながら、映画製作に必要なスタッフや出演者間のスケジュールの調整、予算の管理などのノウハウを得る。
東宝争議の際には、地方ロケ中だったために争議には直接巻き込まれず、社の収入を確保するために一緒だったスタッフや俳優と共に、即席の劇団を組んでいる。
1959年、『恐るべき火遊び』で監督に昇進。
それ以降、東宝において映画黄金期から斜陽期にかけ、若大将シリーズなどの青春映画、ゴジラシリーズをはじめとする特撮映画、アクション映画、コメディ映画など、多様なジャンルの作品を監督した。

映画監督。(1923-2000) 稲垣浩らの助監督を経て、1959年『恐るべき火遊び』で初メガホンを取る。以降、東宝において映画黄金期〜斜陽期にかけ数々のジャンル映画で監督を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)