芸能人・経営者のおくやみ情報

田口周 氏

前ヤクルト球団社長[日本]

2006年 7月19日 死去心不全享年73歳

田口 周(たぐち いたる、 1932年12月18日 - 2006年7月19日)は、日本のスポーツライター、高校野球指導者、プロ野球監督・球団経営者。
東京都出身。
来歴・人物 日本大学第三高等学校、日本大学卒業。
共に野球部に所属し、一塁手、投手として活躍。
右投右打。
1956年、日刊スポーツ野球記者となる。
1960年、母校の日本大学第三高等学校野球部監督に就任。
1962年の選抜高等学校野球大会では準優勝に導く。
その後、日刊スポーツ野球記者に復帰後、1968年2月、プロ経験はないものの高校での監督経験を買われ、サンケイアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)二軍監督に就任。
1971年・1972年と2年連続でイースタン・リーグ優勝を決め、1975年退任。
1976年、フロント入り。
総務部長、スカウト部長を経て、1985年から球団代表、1997年3月から球団社長を務める。
この間、野村克也監督の招聘、古田敦也捕手ら好選手の入団など、チーム整備に努め、ヤクルトスワローズの黄金時代を築く。

野球指導者。ヤクルト球団前社長。 右投右打、ポジションは投手。背番号は55→69番。 東京都出身。 日本大学第三高校から日本大学に進学。 卒業後1956年、日刊スポーツの新聞記者を務める。 1962年、日大三高の監督を務め、センバツで準優勝を飾る。 1968年、サンケイアトムズの二軍監督に就任。プロ経験のない指導者としての就任であった。 ヤクルトスワローズとなる1975年まで務める。 1976年、スカウトに就任。多くの選手を見出し、その後、スカウト部長となる。 また一方で、高校の先輩であった根本陸夫に師事し、球団編成に手腕を振るう。 フロントとして体質を改善し、1987年には関根潤三を、1990年には野村克也を監督に招聘した。 1997年、球団社長に就任。名フロントとしてスワローズの黄金時代を支えた。 2000年、古田敦也をシドニーオリンピックに出場させないと明言し、賛否両論を得たことで印象深い。 2001年、スワローズOB会長を務める。 同年、退任。 晩年はヤクルトスワローズの相談役を務める。 2006年7月19日、心不全のため東京都内の病院で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「田口周」と関連する人物(故人)