芸能人・経営者のおくやみ情報

武蔵山武 氏

相撲力士・第33代横綱[日本]

1969年 3月15日 死去享年61歳

武蔵山武 - ウィキペディアより引用

『武藏山武』より : 武藏山 武(むさしやま たけし、1909年12月5日 - 1969年3月15日)は、神奈川県横浜市港北区出身の元大相撲力士。
第33代横綱。
本名は横山 武(よこやま たけし)。
日吉の怪童、角界へ 1909年12月5日に神奈川県橘樹郡日吉村(現:神奈川県横浜市港北区日吉本町)の農家に生まれる。
幼少の頃から身体が大きく、身長は15歳の時点で182cmに達していた。
ある日、地元住民の勧めで日吉村の土地相撲に出たところ、いきなり優勝して賞金をもらったので度々出場しては優勝して貧しい家計を助けていた。
荷車を引いた子牛が坂道を上がれないでいるのを見て、自分が代わりに荷車を引いて坂を上ったこともある。
「日吉に怪童あり」との評判を聞きつけた両國勇治郎のスカウトで、1926年1月場所に出羽海部屋から初土俵を踏む。
スカウトされたきっかけとして綱島諏訪神社の草相撲(祭相撲)で認められたという説と、明治神宮競技大会(現在の国体のようなもの)の神奈川県代表となったのが目にとまったという説がある。