芸能人・経営者のおくやみ情報

十朱久雄 氏

俳優[日本]

1985年 12月18日 死去肺がん享年78歳

十朱 久雄(とあけ ひさお、1908年9月8日 - 1985年12月18日)は、日本の俳優。
本名は小倉 久雄。
軽妙洒脱な演技で多くの映画に出演し、個性派の脇役俳優として活躍した。
戦前は長岡輝子らのテアトル・コメディに参加し舞台で活動、戦後から映画に出演し、作品数は250本を超える。
主な出演映画に『本日休診』『東京物語』『警察日記』など。
娘は女優の十朱幸代、祖父は落語家の初代三遊亭遊三。
来歴・人物 1908年(明治41年)9月8日、東京府東京市日本橋区小網町(現在の東京都中央区日本橋小網町)に、麻苧商の父・久兵衛と母・ムメの長男として生まれる。
母は初代三遊亭遊三の養女で、その母の姉は松竹キネマ創立者の1人・松居松葉に嫁ぎ、さらに父は素人義太夫の大家だったことから、幼いころから芸の世界に親しんだ。
暁星小学校から京華中学校を経て法政大学経済学部に入学し、在学中の1928年(昭和3年)に高見順主宰の劇団制作座に参加。
1930年(昭和5年)には大学の先輩だった三島雅夫の紹介で知った金杉惇郎や、フランスから帰国したばかりの長岡輝子らが結成したテアトル・コメディの創立に参加、『ジャン・ド・ラ・リュンヌ』の主役で初舞台を踏む。