芸能人・経営者のおくやみ情報

黒川紀章 氏

建築家[日本]

2007年 10月12日 死去心不全享年74歳

黒川 紀章(くろかわ きしょう、本名:くろかわ のりあき、1934年4月8日 - 2007年10月12日)は、日本の建築家(一級建築士)、思想家、実業家、政治活動家。
株式会社黒川紀章建築都市設計事務所代表取締役社長を務めた。
日本芸術院会員。
1986年に建築界のノーベル賞と言われるフランス建築アカデミーのゴールドメダルを受賞した。
保守派の言論人でもあり日本会議の代表委員だった。
共生新党を結党して2007年東京都知事選挙と第21回参議院議員通常選挙に出馬したがいずれも落選した。
愛知県海部郡蟹江町生まれ。
1953年(昭和28年)東海高校卒業。
1957年(昭和32年)京都大学工学部建築学科卒業。
在学中は西山卯三に師事。
卒業制作の題目は「A Project for Shopping Center」であった。
同年東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程へ進学。
東大では丹下健三研究室に所属し指導を受ける。
東大在学中に「株式会社黒川紀章建築都市設計事務所」を設立。
1964年(昭和39年)東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程単位取得退学。

くろかわきしょう [生]1934.4.8.名古屋[没]2007.10.12.東京,新宿建築家。1957年京都大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院で丹下健三に師事。1962年黒川紀章建築都市設計事務所主宰。1960年代に日本の建築界をリードしたメタボリズムグループの旗手として活躍(→メタボリズム)。カプセル住宅で構成される未来都市のイメージを提示した中銀カプセルタワービル(1972),国立民族学博物館(1977),国立文楽劇場(1984),クアラルンプール新国際空港(1998),ゴッホ美術館新館(1999),国立新美術館(2006)など,国内外に多くの作品がある。また,カザフスタンの首都アスタナなど都市計画も手がけた。1988年広島市現代美術館で日本建築学会賞を受賞。建築家として多彩な活動で知られたが,政治に関心をもち2007年4月に東京都都知事選挙,7月に参議院選挙に出馬し,ともに落選。『共生の思想』(1987)など多数の著書がある。1992年日本芸術院賞受賞。1998年日本芸術院会員。2006年文化功労者。 (引用元 コトバンク)