芸能人・経営者のおくやみ情報

ミケランジェロ・アントニオーニ 氏

映画監督[イタリア]

2007年 7月30日 死去享年96歳

ミケランジェロ・アントニオーニ - ウィキペディアより引用

ミケランジェロ・アントニオーニ (Michelangelo Antonioni, 1912年9月29日 - 2007年7月30日) は、イタリアの映画監督。
生涯 1912年9月29日、フェラーラで生まれた。
ボローニャ大学を卒業後、地元の新聞に映画批評を寄稿。
1940年にローマに移住。
チネチッタで映画製作を学び、後にアントニオーニの作品に携わる数人の映画技術者に出会った。
1942年にはロベルト・ロッセリーニの『ギリシャからの帰還』の脚本を執筆し、マルセル・カルネの『悪魔が夜来る』で助監督を務めた。
1947年、短編ドキュメンタリー『Gente del Po』で映画監督としてデビュー。
その後も『愛すべき嘘』(1949年)など数本の短編ドキュメンタリーを製作し、1949年に初の長編となったドキュメンタリー『Ragazze in bianco』を発表した。
1950年、初の長編劇映画『愛と殺意』を発表。
1955年の『女ともだち』で長回しによる撮影スタイルを確立。
同年のヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した。
1957年には自身の妻から突然別れを告げられたことをきっかけに、故郷フェラーラを舞台にした『さすらい』を製作。