芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤弘之

但馬出石藩士、幕臣、政治学者政治家、男爵[日本]

1916年 2月9日 死去享年81歳

加藤弘之 - ウィキペディアより引用

加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日(天保7年6月23日) - 1916年(大正5年)2月9日)は、日本の政治学者、教育家、官僚。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
爵位は男爵。
学位は文学博士(1888年)、法学博士(1905年)。
旧名弘蔵(こうぞう)。
外様大名の出石藩の藩士の子に生まれ、学門一筋で精進し幕臣となり、維新後は新政府に仕える身となる。
明六社会員。
外務大丞、元老院議官、勅選貴族院議員などを歴任、旧東京大学法理文3学部の綜理を務め、のち帝国大学(現・東京大学)第二代総長を務めた。
その後男爵、初代帝国学士院院長、枢密顧問官。
1836年(天保7年):但馬国出石藩(現在の兵庫県豊岡市)の藩士として、同藩家老をも務めた加藤家の加藤正照、妻・錫子の長男として生まれる。
幼名は土代士(とよし)。
1852年(嘉永5年):江戸に出て佐久間象山に洋式兵学を学ぶ。
1854年(安政元年):大木仲益(坪井為春)に入門して蘭学を学ぶ。
1860年(万延元年):蕃書調所教授手伝となる。
この頃からドイツ語を学びはじめる。
1861年(文久元年):『鄰草』(となりぐさ)を著し欧米の立憲思想を紹介する(ただし印刷・公表されたのは明治32(1889)年である)。

かとうひろゆき [生]天保7(1836).6.23.但馬,出石[没]1916.2.9.幕末から明治にかけての政治学者。佐久間象山のもとで西洋法学を修め,坪井為春に蘭学を学んだ。万延1(1860)年に幕臣となり,開成所准教授,大目付勘定頭をつとめた。その間にドイツ語を学び,『隣草』『立憲政体略』を著わし,立憲政体論を初めて日本に紹介した。のちに明治新政府の政体律令取調御用掛となった。1873年森有礼らと明六社を組織。『真政大意』『国体新論』を著わし共和論,天賦人権論を唱えたが,74年民撰議院設立には時期尚早として反対。82年『人権新説』を著わし,天賦人権否定論,生存競争説を展開した。77年東京大学綜理,90年帝国大学総長,さらに貴族院議員,枢密顧問官,帝国学士院院長などを歴任。 (引用元 コトバンク)