芸能人・経営者のおくやみ情報

林述斎

儒学者[日本]

(天保12年7月14日歿)

1841年 8月30日 死去享年74歳

林述斎 - ウィキペディアより引用

林 述斎(はやし じゅっさい、明和5年6月23日(1768年8月5日) - 天保12年7月14日(1841年8月30日))は、江戸時代後期の儒学者。
林家8代。
父は美濃国岩村藩主松平乗薀。
諱は初め(松平)乗衡(のりひら)、後に(林)衡(たいら)。
字は熊蔵・叔紞・徳詮。
号は述斎・蕉軒・蕉隠など。
晩年は大内記と称す。
人物・略歴 渋井太室らに師事する。
寛政5年(1793年)、林錦峯の養子となって林家を継ぎ、幕府の文書行政の中枢として幕政に関与する。
文化年間における朝鮮通信使の応接を対馬国で行う聘礼の改革にもかかわった。
柴野栗山・古賀精里・尾藤二洲(寛政の三博士)らとともに儒学の教学の刷新にも力を尽くし、昌平坂学問所(昌平黌)の幕府直轄化を推進した(寛政の改革)。
述斎の学問は、朱子学を基礎としつつも清朝の考証学に関心を示し、『寛政重修諸家譜』『徳川実紀』『朝野旧聞裒藁(ちょうやきゅうもんほうこう)』『新編武蔵風土記稿』など幕府の編纂事業を主導した。

江戸後期の儒者。美濃岩村藩主・松平乗蘊の三男。名ははじめ乗衡、のち衡、字は叔*・公鑑・徳詮。幼名は熊蔵、別号は蕉軒・天瀑等。渋井太室等に学ぶ。林信敬の養嗣となり、大学頭となる。寛政の改革において林家の聖堂学舎を幕府直轄の学問所(昌平黌)とし、柴野栗山、古賀精里らと教育行政に尽力した。また朝鮮通信士の応接の儀を定めた。『佚存叢書』『徳川実紀』『寛政重修諸家譜』等多数の編纂事業を推進。林家中興の祖となる。天保12年(1841)歿、74才。 (引用元 コトバンク)