芸能人・経営者のおくやみ情報

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 氏

映画監督、映画プロデューサー脚本家[フランス]

1977年 1月12日 死去享年71歳

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー - ウィキペディアより引用

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー (Henri-Georges Clouzot, 1907年11月20日 - 1977年1月12日) は、フランスの映画監督・映画プロデューサー・脚本家。
サスペンスやフィルム・ノワールの監督として有名。
映画史上初めて世界三大映画祭の全てで最高賞を受賞した監督でもある。
また、ヌーヴェル・ヴァーグの生みの親とも言われている。
1907年11月20日、ドゥー=セーヴル県ニオールで生まれる。
両親は書店を経営していた。
18歳でパリに移住し、政治学を学ぶ。
この時期、数人の雑誌編集者と知り合う。
その後、ドイツに渡り、ベルリンの映画会社で外国映画の翻訳を担当。
この時期、F・W・ムルナウやフリッツ・ラングの作品に影響を受ける。
また、アドルフ・ヒトラーのパレードを数回目撃したという。
1930年代から脚本家として活動を始める。
同時に1931年に最初の短編『La terreur des Batignolles』(1931年)を製作し、映画監督としてデビュー。

Henri-Georges Clouzot 監督、脚本家、プロデューサー 1907年11月20日、フランス/ポワトゥ・シャロント地方ドゥ・セーヴル県ニオール生まれ 1977年1月12日、フランス/パリにて死去 「フランスのヒッチコック」と称されるスリラーの名手。妻だったヴェラ・クルーゾーは女優で、自作の『恐怖の報酬』や『悪魔のような女』でも起用していた(1960年に死別)。 (引用元 Hatena Keyword)