芸能人・経営者のおくやみ情報

五所平之助 氏

映画監督脚本家俳人[日本]

1981年 5月1日 死去享年80歳

五所平之助 - ウィキペディアより引用

五所 平之助(ごしょ へいのすけ、1902年1月24日 - 1981年5月1日)は、日本の映画監督、脚本家、俳人。
日本最初の国産トーキー映画『マダムと女房』の監督として有名である。
本名は五所 平右衛門(ごしょ へいえもん)。
俳号は五所亭。
来歴・人物 東京市神田区鍋町(現・千代田区内神田3丁目)に、乾物問屋を営む父・平助の妾腹の子として生まれる。
生みの母は新富町で芸者をしていた。
5歳の時に長男が亡くなり、母のもとを離れて後継ぎにされた。
1921年、歩兵第1連隊に志願入隊し、見習士官で予備となる。
1923年、慶應義塾商工学校卒業後、城戸四郎との出会いがきっかけで、父の友人の息子である島津保次郎の口添えもあって、松竹蒲田撮影所へ入社する。
島津の助監督を経て、1925年、原作、脚本も手がけた『南島の春』で監督デビューした。
このころ、少尉として軍に再入隊するも予備役となる。
松竹に戻ってからは引き続き、『彼女』『恥しい夢』『村の花嫁』など、小市民の生活をユーモアに描いた叙情性豊かな作品を次々と発表。

ごしょへいのすけ [生]1902.1.24.東京[没]1981.5.1.静岡映画監督。慶應義塾商工学校卒業。1923年松竹に入社,島津保次郎の助監督を経て,『南島の春』(1925)以後監督。抒情味ある庶民生活を追求した作品が多い。無声時代には『寂しき乱暴者』(1927),『からくり娘』(1927),『村の花嫁』(1928)を発表。本格的トーキー第1作『マダムと女房』(1931)では,得意の小市民劇を巧みな音声効果で処理し成功を収めた。川端康成原作の『伊豆の踊子』(1933)は文芸映画台頭の先駆となり,第2次世界大戦後も『今ひとたびの』(1947)などの文学作品の映画化が多い。椎名麟三原作の『煙突の見える場所』(1953)は,ベルリン国際映画祭で平和賞を受賞。 (引用元 コトバンク)