芸能人・経営者のおくやみ情報

島耕二 氏

映画監督俳優[日本]

1986年 9月10日 死去享年86歳

島 耕二(しま こうじ、本名・鹿児島武彦、1901年2月16日 - 1986年9月10日)は、日本の俳優、映画監督。
女優の大谷良子、片山夏子、轟夕起子は元妻。
俳優の片山明彦は実子(大谷と間の子)。
1901年(明治34年)2月16日、長崎県長崎市に、医者の息子として生まれる。
日本映画俳優学校を第一期生として卒業し、1925年(大正14年)、日活大将軍撮影所に入社する。
現代的な二枚目俳優として内田吐夢、阿部豊、溝口健二などの作品に出演する。
しかし、1934年(昭和9年)の労働争議で内田、村田実、伊藤大輔らとともに日活を脱退し、新映画社の創立に参加する。
解散後、新興キネマを経て、日活多摩川撮影所に入り、『明治一代女』、『真実一路』などの作品に出演し、日活黄金期を支えるスター俳優としての地位を確立する。
1939年(昭和14年)、『雲雀』から監督に転向し、1940年(昭和15年)、『風の又三郎』を発表。
1941年(昭和16年)に発表した『次郎物語』は詩情あふれる演出で監督としての代表作となった。