芸能人・経営者のおくやみ情報

衣笠貞之助 氏

映画監督俳優脚本家[日本]

1982年 2月26日 死去脳血栓享年87歳

衣笠貞之助 - ウィキペディアより引用

衣笠 貞之助(きぬがさ ていのすけ、1896年1月1日 - 1982年2月26日)は、日本の俳優、映画監督、脚本家。
本名は小亀 貞之助(こかめ ていのすけ)。
女形俳優から転身した映画監督で、新派劇団を経て日活向島撮影所で女形スターとして活躍後、牧野省三の下で映画監督となった。
新感覚派の作家と組んで前衛映画『狂つた一頁』を製作後、松竹・東宝・大映で長谷川一夫とコンビを組んで多くの時代劇映画を製作した。
江戸や明治の情緒を新派劇の素養であでやかに描き出すことにかけては第一人者だった。
1953年(昭和28年)公開の『地獄門』は、第7回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
上記以外の主な作品に『十字路』『雪之丞変化』など。
妻は女優の千早晶子、弟は映画監督の衣笠十四三。
来歴・人物 女形俳優から映画監督へ 1896年(明治29年)1月1日、三重県亀山市大字東町(現在の亀山市本町)に、煙草元売捌業の父・小亀定助と母・かめのの4男として生まれる。

きぬがさていのすけ [生]1896.1.1.三重,亀山[没]1982.2.26.京都映画監督。1917年女方として日活に入り,22年マキノ映画へ移って『二羽の小鳥』(1923)で監督となる。新感覚派映画の『狂った一頁』(26),前衛精神あふれる時代劇『十字路』(28)などを発表して,ヨーロッパでもその新鮮な映像感覚が注目を浴びた。『地獄門』(53)でカンヌ国際映画祭のグランプリを受賞。その他の主要作品は『忠臣蔵』(32),『雪之丞変化』(35),『大坂夏の陣』(37),『或る夜の殿様』(46),『女優』(47)など。 (引用元 コトバンク)