訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

豊臣鶴松(とよとみつるまつ)

豊臣秀吉嫡男[日本]

(幼名・棄(すて)、天正19年8月5日没)

1591年 9月22日 死去享年3歳

豊臣鶴松 - ウィキペディアより引用
豊臣 鶴松(とよとみ つるまつ)は、安土桃山時代の人物で、豊臣秀吉の嫡男。
鶴松の名で知られているが、幼名は棄(すて)で、通称を八幡太郎。
生涯 天正17年(1589年)5月27日、豊臣秀吉の嫡男として山城淀城(現在の京都府京都市伏見区納所北城堀)で誕生した。
このとき秀吉は当時としては高齢の53歳で、待望の我が子の出生を大変に喜び、長寿を祈って「棄(捨)」と名付けた。
これは「捨て子は育つ」という迷信を信じたものであると考えられている。
後に「鶴松」と改名したと言うが、時期や経緯は厳密には不明で、鶴松の名で記した古文書は実名敬避の習慣もあって極めて少なく、当時は棄君や単に若君などと呼ばれていた。
鶴松の傅役には、老臣の石川光重(豊前守)が任じられた。
生後30日の祝には、禁中より産衣など祝儀の品々を賜り、公家や家臣、町人に至るまで、様々な祝賀・進物を受けた。
蒲生氏郷は祖先の俵藤太(藤原秀郷)が大百足退治に使ったと言い伝えられていた矢の根(=鏃)を刀に仕立て直して贈ったと言う。

↑ PAGE TOP