芸能人・経営者のおくやみ情報

百井盛 氏

男性世界最高齢者[日本]

2015年 7月5日 死去慢性腎不全享年112歳

百井 盛(ももい さかり、1903年(明治36年)2月5日 - 2015年(平成27年)7月5日)は、さいたま市中央区在住に在住していた長寿の男性である。
日本及び世界における最高齢の男性であった。
福島県相馬郡石神村(現南相馬市)出身。
福島師範学校卒業後、1924年(大正13年)に東京大学農学部へ入学。
1927年(昭和2年)同大学、同学部(専門課程:農芸化学)卒業。
同年、咸鏡北道公立新義州高等普通学校に化学教諭として赴任。
1948年から1951年まで福島県立塙高等学校(現福島県立塙工業高等学校)の初代校長、1953年から1959年まで埼玉県立与野高等学校の第5代校長を務めた。
2013年9月の敬老の日に行われたインタビューでは、「あと2年くらい生きたい」と答えている。
2014年8月20日、存命男性のうちの世界最高齢者としてギネス世界記録に認定され、認定証を受け取った。
同日、さいたま市市長の清水勇人も訪れ、祝い状と花束を贈った。
長寿記録 2013年7月23日、五十嵐丈吉の死去に伴い、110歳168日で日本の存命男性の最高齢者となる。

「百井盛」と関連する人物(故人)