芸能人・経営者のおくやみ情報

菊村到 氏

芥川賞作家[日本]

1999年 4月3日 死去心筋梗塞享年75歳

菊村 到(きくむら いたる 1925年5月15日 - 1999年4月3日)は作家、小説家。
神奈川県平塚市出身。
本名は戸川 雄次郎(とがわ ゆうじろう)。
旧制湘南中学を経て、1944年に仙台陸軍予備士官学校へ入学。
翌年卒業し秋田へ見習士官として赴任したが、そこで終戦を迎える。
復員直後から早稲田大学文学部英文学科へ通い、この頃から執筆活動を始める。
1948年、大学卒業と共に読売新聞社へ入社。
社会部の記者として活動する傍らで執筆活動を行うようになり、同年6月に『川の上』1949年10月に『死臭』を発表し作家としてデビュー。
1954年には『受胎告知』が第32回芥川賞候補となる。
この頃までは本名で活動していたが、やがて記者活動との兼ね合いから、1955年の結婚を境に「菊村到」のペンネームで執筆を行うようになる(後述)。
57年「不法所持」で文學界新人賞受賞。
筆名を使ったため、芥川賞候補作家だと知られずに当選していた。
1957年の第37回芥川賞受賞を機として、10月に読売新聞社の文化部記者(当時)を退職し、以降は文筆活動に専念するようになる。

きくむらいたる [生]1925.5.15.神奈川,平塚[没]1999.4.3.神奈川,秦野小説家。本名戸川雄次郎。早稲田大学英文科卒業後,読売新聞社に入社。1957年に発表した第一作『不法所持』で文学界新人賞を受賞,同年戦争体験を下敷きにした『硫黄島』で芥川賞を受賞し,文名を得た。その後作家活動に専念,やや通俗性を強めながら,推理小説,事件小説,伝記文学などの広い領域で多彩な活躍をみせた。ほかに『あゝ江田島』(1958),『こちら社会部』(1964),『小説池田大作』(1969)など。 (引用元 コトバンク)