芸能人・経営者のおくやみ情報

石川淳 氏

芥川賞作家[日本]

1987年 12月29日 死去肺がんによる呼吸不全享年89歳

石川淳 - ウィキペディアより引用

石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。
東京府浅草区生まれ。
無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎先生の名で親しまれた。
本名淳(きよし)。
生涯 生い立ち 東京市浅草区浅草三好町(現在の東京都台東区蔵前)にて銀行家で東京市会議員、共同銀行取締役の斯波厚の次男として生まれる。
祖父は漢学者で昌平黌儒官の省斎石川介で、省斎により6歳から論語の素読を学び、淡島寒月より発句の手ほどきを受ける。
父の厚は幕臣だった石川家から札差を営んでいた斯波家へ養子に入っていたが、次男の淳は石川家を継ぐため1914年7月、養子に入り家督相続人となった。
1905年、精華小学校に入学し、4年時に精華小学校の制度改制にともない旧制新堀小学校(現在の台東区立台東中学校)に編入し、1911年、旧制京華中学校(現在の京華高等学校)に入学、中学時代は和漢の古典、江戸文学、漱石や鴎外を愛読した。

いしかわじゅん [生]1899.3.7.東京[没]1987.12.29.東京小説家。1920年東京外国語学校仏語科卒業。アナトール・フランスの『赤い百合』,アンドレ・ジッドの『背徳者』『贋金づくり』『法王庁の抜け穴』,モリエールの『人間嫌い』などの訳業に従事,その主題と手法を消化吸収してから36歳で処女作『佳人』(1935)を発表。同年の『貧窮問答』『葦手』,翌36年の『山桜』『普賢(ふげん)』,38年の『曾呂利咄(ばなし)』でたちまち注目を浴びた。第4回芥川賞受賞作となった『普賢』は,憧れの少女の荒廃に絶望した「わたし」の「普賢行」による転生をテーマとし,大胆なフィクションと戯作(げさく)風の手法を駆使して戦時下の閉塞状況に挑もうとした作品である。続く『マルスの歌』(38)は反軍国主義とされ発禁処分を受けた。しかしその態度は変ることなく,敗戦直後の46年には,混乱と人間喪失を止った時計や失われた帽子に仮託した『黄金伝説』や『無尽灯』『焼跡のイエス』を発表して,現実を自在に抽象しながらアイロニーに満ちた虚構の世界に精神の劇を具体化するという独自の方法を完成した。ほかにデフォルメ化を徹底させた『鷹』(53),『珊瑚(さんご)』(53),『鳴神(なるかみ)』(54),歴史小説に新境地を開いた『諸国畸人伝』(55~57),文部大臣賞を受けた『紫苑(しおん)物語』(56)などがある。また,『天馬賦』(69)では学生の「造反」に取材して,現代的状況へのなお衰えぬ関心を示した。『鴎外選集』(21巻,78~80)を単独編集。80年長編『狂風記』を刊。61年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。 (引用元 コトバンク)