芸能人・経営者のおくやみ情報

アーネスト・サトウ

外交官、駐日公使[イギリス]

1929年 8月26日 死去享年87歳

アーネスト・サトウ - ウィキペディアより引用

サー・アーネスト・メイソン・サトウ(英語: Sir Ernest Mason Satow、枢密顧問官、GCMG、1843年6月30日 - 1929年8月26日)は、イギリスの外交官。
イギリス公使館の通訳、駐日公使、駐清公使を務め、イギリスにおける日本学の基礎を築いた。
日本名は佐藤 愛之助(または薩道愛之助)。
日本滞在は1862年から1883年(一時帰国を含む)と、駐日公使としての1895年から1900年までの間を併せると、計25年間になる。
植物学者の武田久吉は次男。
生涯 日本着任まで 1843年、ドイツ東部のヴィスマールにルーツを持つソルブ系ドイツ人(当時はスウェーデン領だったため出生時の国籍はスウェーデン)の父デーヴィッド、イギリス人の母マーガレット(旧姓、メイソン)の三男としてロンドンで生まれた。