芸能人・経営者のおくやみ情報

弘田龍太郎 氏

作曲家[日本]

1952年 11月17日 死去享年61歳

弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう、1892年(明治25年)6月30日 - 1952年(昭和27年)11月17日)は、作曲家。
1892年(明治25年)高知県安芸市に生まれる。
一絃琴の名手であった母親から、音楽的才能を受け継いだと言われている。
父の転任に従って3才の時高知を離れ、千葉師範学校附属小学校、三重県立第一中学校(現:三重県立津高等学校)を卒業。
出典1910年(明治43年)東京音楽学校(現:東京芸術大学)器学部ピアノ科に入学し、本居長世に師事。
在学中に歌曲『昼』を発表。
文部省唱歌の『鯉のぼり』は作者不詳とされてきたが、弘田龍太郎が在学中に作曲したものと言われている。
1915年(大正3年)東京音楽学校を卒業。
1917年(大正5年)同研究科卒業後も同校授業補助となり、さらに文部省邦楽調査委員を委嘱される。
やがて宮城道雄や本居長世らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。
1918年(大正7年)鈴木三重吉によって児童雑誌『赤い鳥』が創刊されると、やがて「赤い鳥運動」に参加、北原白秋等と組み、多くの童謡を作曲した。

  • 題名
    名曲アルバム【日本編】 [VHS]
    監督
    出演俳優
      発売元
      ビクターエンタテインメント
      発売日
      1996年12月05日
      新品価格
      ¥ 2,500 より
      中古商品
      ¥ 1 より

    「弘田龍太郎」と関連する人物(故人)