芸能人・経営者のおくやみ情報

末次信正

政治家海軍大将、連合艦隊司令長官[日本]

1944年 12月29日 死去享年65歳

末次信正 - ウィキペディアより引用

末次 信正(すえつぐ のぶまさ、1880年(明治13年)6月30日 - 1944年(昭和19年)12月29日)は、大日本帝国海軍の軍人、政治家。
海軍兵学校 (日本) 海兵27期。
海軍大学校7期。
最終階級は海軍大将。
山口県出身。
菊水作戦で戦死した第2艦隊参謀末次信義大佐は長男。

広島一中(現広島県立広島国泰寺高等学校 広島国泰寺高校)から海軍兵学校 (日本) 海軍兵学校へ入校する。
同期に中村良三大将がいる。
兵学校での成績は114名中50席であったが、海軍大学校7期では優等となり、出世コースに乗る。

明治40年代のド級戦艦建造ラッシュの頃、砲術学校教官となった末次は、すべての主砲を中心線上に並べて一斉射撃の効率を高める案を無断で生徒に伝授した。
砲術学校の上官はこれを黙殺したが、イギリスが末次の案とまったく同じ超ド級戦艦オライオンを建造したことで、末次の見識が認められる。

すえつぐのぶまさ [生]1880.6.30.山口[没]1944.12.29.東京海軍軍人。広島一中を経て海軍兵学校,海軍大学校を卒業後,潜水艦戦術で頭角を現し,『筑摩』艦長,第1潜水戦隊司令官,海軍大学教官,教育局長を歴任ののち,1928年軍令部次長となった。ロンドン海軍軍縮条約案審議に際し,補助艦対米7割を主張し,加藤寛治軍令部長とともに条約案に強硬に反対,いわゆる艦隊派を形成した。その後第2艦隊司令長官,連合艦隊司令長官をつとめ34年大将に昇進。さらに横須賀鎮守府長官,軍事参議官を歴任したのち,予備役となったが,37年第1次近衛文麿内閣の内相に就任した。 (引用元 コトバンク)