訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

セルゲイ・ヴィッテ

政治家[ロシア]

1915年 3月13日 死去享年67歳

セルゲイ・ヴィッテ - ウィキペディアより引用
セルゲイ・ユリエヴィチ・ヴィッテ(ウィッテ、ロシア語: Сергей Юльевич Витте, ラテン文字表記例:Sergei Yul'jevich Witte, 1849年6月29日 - 1915年3月13日)は、帝政ロシア末期の政治家。
ロシア帝国大臣委員会議長、ロシア帝国運輸大臣、ロシア帝国大蔵大臣、ロシア帝国首相(大臣委員会議長)、伯爵。
政府の要職を歴任し、日露戦争の講和交渉にはロシア側代表として当たり、日本側の外務大臣小村寿太郎と交渉を繰り広げた。
オカルティストのブラヴァツキー夫人は従姉で、ヴィッテの大学時代に交流があった。
生涯 1849年、ロシア帝国の領土であったグルジアのチフリス(現在のトビリシ)に生まれる。
祖先はオランダからスウェーデン統治時代のバルト海沿岸に移り住んできた移民とされる。
父はオランダ人技術者、母はロシア貴族出身。
1870年オデッサ大学物理・数学科を卒業。
皇帝アレクサンドル3世に登用され、財務省の鉄道事業局長官として頭角をあらわす。

↑ PAGE TOP