芸能人・経営者のおくやみ情報

横山光輝 氏

漫画[日本]

2004年 4月15日 死去享年71歳

横山光輝 - ウィキペディアより引用

横山 光輝(よこやま みつてる、1934年(昭和9年)6月18日 - 2004年(平成16年)4月15日)は、日本の漫画家。
兵庫県神戸市須磨区出身。
本名は、横山 光照。
代表作に『鉄人28号』、『伊賀の影丸』、『仮面の忍者 赤影』、『魔法使いサリー』、『コメットさん』、『バビル2世』、『三国志』等多数。
長年にわたり幅広いジャンルで活躍し、手塚治虫、石ノ森章太郎などと並び称された漫画界の巨匠の一人である。
生い立ち 少年時代は鳥取県に家族と疎開していた。
神戸市立太田中学校、神戸市立須磨高等学校を卒業。
手塚治虫の『メトロポリス』に感銘を受けたことから本格的に漫画を志し、高校時代より『漫画少年』『探検王』などに作品を投稿するようになる。
高校卒業後神戸銀行(後の太陽神戸銀行→太陽神戸三井銀行→さくら銀行を経て現在の三井住友銀行)に入社するが、漫画を描く時間が取れず退職。
その後映画会社の宣伝部員としてチラシを描く合間、貸本漫画に携わる。
活躍 1954年(昭和29年)、貸本漫画会社、大阪東光堂の注文で貸本漫画を描いていた横山は、出版社の社長に連れられ手塚の下に赴き、横山が描いた時代物『魔剣列剣』に目を通した手塚は「売れる漫画家」と判断した。

よこやまみつてる [生]1934.6.18.兵庫[没]2004.4.15.東京まんが家。本名,横山光照。手塚治虫に影響を受けてまんがを描き始める。1954年『音無しの剣』でデビュー。1956年から雑誌『少年』に連載された『鉄人28号』で少年が操縦する巨大ロボットの活躍を描いて好評を博し,若くして当時『鉄腕アトム』で最も人気の高かった手塚治虫に並ぶ人気作家となった。取り上げるジャンルや読者層が幅広く,少年向けの忍者もの『伊賀の影丸』『仮面の忍者赤影』,ロボット活劇『ジャイアントロボ』,SFもの『バビル2世』のほか,『魔法使いサリー』や『コメットさん』など少女向けのまんがも発表。これらのなかには実写化,アニメーション化された作品も多い。また『三国志』や『徳川家康』『武田信玄』『項羽と劉邦』『史記』などの長編歴史まんがも数多く手がけた。なかでも執筆に15年を費やした『三国志』(全60巻)は後年の代表作となり,これにより1991年に日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した。 (引用元 コトバンク)