芸能人・経営者のおくやみ情報

多岐川恭 氏

直木賞作家[日本]

1994年 12月31日 死去享年75歳

多岐川 恭(たきがわ きょう、1920年1月7日 - 1994年12月31日)は、日本の小説家、推理作家。
本名、松尾 舜吉。
福岡県八幡市(現・北九州市)生まれ。
東京帝国大学経済学部卒業。
毎日新聞社西部本社に勤務する中、白家太郎(しらが たろう)の筆名で小説を書く。
1958年、『濡れた心』で江戸川乱歩賞、『落ちる』で直木賞を受賞。
本格物からSF、時代ミステリーまで、多数の作品を発表した。
また「ゆっくり雨太郎捕物控」などの時代小説もある。
1920年1月7日、福岡県八幡市に生れた。
従兄に戸川幸夫がいる。
旧制第七高等学校を卒業し、東京帝国大学経済学部在学中の1944年に召集を受ける。
戦後、横浜正金銀行の東京本店(現在の東京銀行)に入行するが、食糧事情を理由に門司支店に転任。
一時小説家を目指し退職するも、毎日新聞西部本社に再就職する。
資料課の後に報道部に異動。
激務のため転勤を願い出て、小説を書く時間を得た。
白家(しらが)太郎の筆名で『宝石』に応募し、1954年に「みかん山」が佳作入選し、デビュー。