芸能人・経営者のおくやみ情報

城山三郎 氏

直木賞作家[日本]

2007年 3月22日 死去享年81歳

城山三郎 - ウィキペディアより引用

城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 - 2007年(平成19年)3月22日)は、日本の小説家。
本名は、杉浦 英一(すぎうら えいいち)。
経済小説の開拓者であり、伝記小説、歴史小説も多く著している。
生涯 愛知県名古屋市中区生まれ。
名古屋市立名古屋商業学校(現:名古屋市立名古屋商業高等学校)を経て1945年(昭和20年)、愛知県立工業専門学校(現:名古屋工業大学)に入学。
理工系学生であったため徴兵猶予になるも大日本帝国海軍に志願入隊。
海軍特別幹部練習生として特攻隊である伏龍部隊に配属になり訓練中に終戦を迎えた。
1946年(昭和21年)、東京産業大学(現:一橋大学)予科入学、1952年(昭和27年)、改名された一橋大学(山田雄三ゼミナール)を卒業。
卒業論文は「ケインズ革命の一考察」。
大学在学中に洗礼を受ける。
父が病気になったため帰郷し、岡崎市にあった愛知学芸大学(現:愛知教育大学)商業科文部教官助手に就任。
担当は景気論と経済原論。
後に同大学文部教官専任講師。
この間金城学院大学にも出講。
1954年(昭和29年)、丸山薫の紹介で、永田正男、宇佐美道雄、国司通、岩崎宗治と月一回の読書会「クレトス」を始める。

  • 題名
    作家が語る 武将列伝
    歌手
    朗読
    発売元
    avex club
    発売日
    2008年9月29日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 27,800 より

しろやまさぶろう [生]1927.8.18.愛知,名古屋[没]2007.3.22.神奈川作家。本名杉浦英一。太平洋戦争中,17歳で海軍特別幹部練習生として志願入隊したが,兵士を消耗品扱いする軍隊に裏切られ,終戦を迎えた。東京商科大学で山田雄三教授に師事し,理論経済学を専攻。1952年愛知学芸大学講師となり,景気論を教えながら執筆活動を開始し,1957年『輸出』で文学界新人賞,1959年『総会屋錦城』で直木賞を受賞し,作家業に専念。『辛酸』(1962)の田中正造,『落日燃ゆ』(1974)の広田弘毅,『官僚たちの夏』(1975)の佐橋滋など実在の人物をモデルとした伝記小説,経済小説,戦争小説で第一人者となった。「個人がどんなに頑張ったとしても指導者がまちがえれば国が滅びる」という戦争体験をふまえて,志を貫いた人,こうあって欲しい男たちのロマンを描き続けた。紫綬褒章など国の叙勲を拒否した。1975年毎日出版文化賞,1996年菊池寛賞,2003年朝日賞を受賞。 (引用元 コトバンク)