芸能人・経営者のおくやみ情報

檀一雄 氏

直木賞作家[日本]

1976年 1月2日 死去享年65歳

檀一雄 - ウィキペディアより引用

檀 一雄(だん かずお、1912年(明治45年)2月3日 - 1976年(昭和51年)1月2日)は、日本の小説家、作詞家。
私小説や歴史小説、料理の本などで知られる。
「最後の無頼派」作家・文士ともいわれた。
また、西遊記の日本語抄訳もある(東京創元社ほか)。
代表作は、律子夫人の没後に描いた『リツ子 その愛』『リツ子 その死』、時代娯楽作品も人気があり『真説石川五右衛門』(1950年、第24回直木賞受賞)、『夕日と拳銃』など、また20年以上に亘り、書き継がれライフワークとなった遺作『火宅の人』(1986年、東映で異父弟のプロデューサーの高岩淡の企画、深作欣二監督、緒形拳主演により映画化)など。
女優の檀ふみは長女。
エッセイストの檀太郎は長男。
太郎と同じくエッセイストの檀晴子は太郎の夫人。
妹に左翼活動家でイラストレーターの檀寿美がいる。
作家の嵐山光三郎とは嵐山が編集者時代から親交が厚かった。
山梨県南都留郡谷村町(現在の都留市下谷)に図案の技師として、県立工業試験場に勤めていた父・参郎、母・とみの長男として生まれる。

  • 題名
    少年猿飛佐助 [VHS]
    監督
    出演俳優
    1. 中村嘉津雄
    2. 松島トモ子
    発売元
    東映ビデオ
    発売日
    2000年1月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 5,006 より

だんかずお [生]1912.2.3.山梨,谷村[没]1976.1.2.福岡小説家。東京大学経済学部在学中に太宰治らを知り佐藤春夫に師事,芥川賞候補となった『夕張胡亭塾景観』(1935)などを収めた処女作品集『花筐(はながたみ)』(37)を刊行。約10年間の沈黙ののち『リツ子・その愛』(50),『リツ子・その死』(50)で文壇に復帰,『真説石川五右衛門』(50~51)で直木賞を受賞した。ほかに『ペンギン記』(52),『火宅の人』(61~75)などがある。 (引用元 コトバンク)