芸能人・経営者のおくやみ情報

今日出海 氏

直木賞作家[日本]

1984年 7月30日 死去享年82歳

今日出海 - ウィキペディアより引用

今 日出海(こん ひでみ、1903年(明治36年)11月6日 - 1984年(昭和59年)7月30日)は日本の小説家、評論家、舞台演出家。
初代文化庁長官を務めた。
北海道函館(現在の函館市)に生まれた。
三人兄弟の末子で、長兄は小説家で天台宗僧侶の今東光である。
日本郵船の船長であった父武平の転勤により、1911年(明治44年)に神戸市の小学校へ入り、1917年(大正6年)神戸一中へ進んだが、病気休学し、翌年東京の暁星中学へ移った。
1922年(大正11年)、五年制中学の四年修了で旧制浦和高校に合格した。
1925年(大正14年)、東京帝国大学仏蘭西文学科へ入学し、辰野隆・鈴木信太郎らに学んだ。
同期に小林秀雄・三好達治・中島健蔵らが、一年下に佐藤正彰・武田麟太郎らがいた。
1924年(大正13年)に開場した築地小劇場を観て演劇に熱中し、1925年に村山知義・河原崎長十郎・市川団次郎・池谷信三郎らが結成した劇団『心座』の演出に加わった。

小説家、評論家。明治36年(1903)北海道生まれ。昭和59年(1984)81歳で死去。今東光は長兄。 東京帝国大学在学中から、河原崎長十郎らの心座に参加するなど演劇活動に携わる。一方、「文芸首都」「作品」「行動」「文学界」などの同人となり、評論、随筆を書き、ジッドの作品の翻訳も手がける。文芸誌における映画時評の草分けでもあった。 昭和16年陸軍報道班員として微用され、フィリピンに。19年に再度フィリピンに渡り、敗走する日本軍に従い九死に一生をえて帰還。戦後、この体験をもとに戦記「山中放浪」を出版し、昭和25年には「天皇の帽子」で直木賞を受賞。 主な作品に「三木清における人間の研究」「吉田茂」「隻眼法楽帖」など。 (引用元 Hatena Keyword)