芸能人・経営者のおくやみ情報

清水信義 氏

慶応大学名誉教授・ゲノム科学[日本]

2015年 6月5日 死去胆管がん享年74歳

清水 信義(しみず のぶよし、1941年 - 2015年6月5日)は、日本の遺伝学者。
慶應義塾大学医学部分子生物学教室教授などを経て同大名誉教授。
2007年より長浜バイオ大学特別招聘教授。
理学博士・名誉医学博士。
専門分野はゲノム科学、遺伝子医学。
大阪府大阪市出身。
名古屋大学卒。
ヒトゲノム解読の第一人者として貢献し、慶應義塾大学は1999年12月に22番染色体のゲノムを世界で初めて解読し、207個の遺伝子を発見した。
次いで2000年5月には21番染色体の解読をも終了し、130個の遺伝子を発見した。
1961年 愛知県立横須賀高等学校卒 1965年 名古屋大学理学部化学科卒 1970年 名古屋大学大学院理学研究科博士課程満了 1971年3月 名古屋大学理学博士 「遺存種における核酸の研究」 1971年 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)生物学科研究員となる 1974年 イェール大学生物学科研究員となる 1977年 アリゾナ大学分子細胞生物学科助教授就任 1980年 アリゾナ大学分子細胞生物学科・遺伝学癌生物学科教授併任 1983年 慶應義塾大学医学部分子生物学教室教授就任 2007年 慶應義塾大学医学部分子生物学教室教授退任 2007年 慶應義塾大学名誉教授、長浜バイオ大学特別招聘教授 2015年6月5日 胆管癌のため死去。

「清水信義」と関連する人物(故人)