芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋二三 氏

脚本家[日本]

2015年 5月5日 死去脳幹出血享年90歳

高橋 二三(たかはし にいさん、1926年2月3日 - 2015年5月5日)は、日本の脚本家。
本名:高橋 幸人(たかはし ゆきと)。
群馬県佐波郡玉村町出身。
来歴・人物 1960年代の大映や松竹映画で活躍し、84本の映画脚本を手がけた。
特に1965年から6年続いた特撮怪獣映画の「ガメラシリーズ」では、科学考証を無視したキャラクタライズしたシナリオで、「怪獣ガメラ」を東宝の「ゴジラ」と双璧をなす人気怪獣へと伸し上げた。
1970年代に入るとテレビ番組を数多く手がけた。
「ガメラシリーズ」の湯浅憲明監督は、「怪獣の登場する映画で科学考証など意味がないと、高橋さんと打ち合わせて脚本作りを行った。
子供が楽しめるファンタジー、童話として、監督が驚くようなアイディアを生みだす高橋さんは天才だ」と語っている。
『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967年)では公開後、東宝のゴジラシリーズで知られる本多猪四郎監督から「素晴らしい内容だった」と絶賛激励され、「ゴジラシリーズ」に対する負い目が吹き飛んだと語っている。