芸能人・経営者のおくやみ情報

柳生真吾 氏

園芸家[日本]

2015年 5月2日 死去咽頭がん享年48歳

柳生 真吾(やぎゅう しんご、1968年3月3日 - 2015年5月2日)は、日本の園芸家、タレントである。
園芸施設、八ヶ岳倶楽部代表。
配偶者と4人の子がいる。
1968年3月3日、東京都に生まれる。
玉川大学農学部卒業。
剣豪として知られる柳生氏の末裔にあたる。
幼いころから祖父や父・柳生博の影響で植物や動物などの自然に魅力を感じ、その後、園芸家を志す。
玉川大学農学部を卒業後、花の生産農家で3年間修行した。
2000年(平成12年)にNHKの園芸番組『趣味の園芸』のキャスターとなり、それまでお年寄りのイメージが強かった番組の雰囲気を変えた。
2007年(平成19年)からはNHK教育テレビ『モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!』に出演し、八ヶ岳から季節の便りを写真で送っていた。
番組の仕事と八ヶ岳倶楽部の経営のため、東京と山梨県北杜市を行き来する生活をしていた。
2015年(平成27年)5月2日、喉頭癌のため死去。
47歳没。
両親よりも先に死去しているため、博は子の死に対し「早すぎる」「僕の子供としてありえないような勉強家」などとコメントした。

園芸家・タレント。八ヶ岳倶楽部代表。 1968年3月3日、生まれ。2015年5月2日、死去。 ◆出演番組 2000年から2008年までNHK教育テレビ「趣味の園芸」の司会を務めていた。 ◆著書 『これがわれらのコンテナーガーデン』 『柳生真吾のガーデニング入門』 『柳生真吾の八ケ岳だより―だから園芸はやめられない』 (引用元 Hatena Keyword)