訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鈴木貴久 氏

プロ野球コーチ[日本]

2004年 5月17日 死去急性気管支肺炎享年40歳

鈴木 貴久(すずき たかひさ、1963年11月20日 - 2004年5月17日)は、北海道旭川市出身のプロ野球選手(外野手)。
高校2年時の1980年に開催された第62回全国高等学校野球選手権大会において、北北海道代表・旭川大学高校の一員として出場。
同校は北北海道代表校として初めて2勝を挙げた。
高校卒業後、社会人野球の電電北海道を経て、1984年のプロ野球ドラフト会議にて5位で指名した近鉄バファローズに入団した。
1987年から4年連続20本塁打以上を打つ強打者として名を馳せ、出身地から「北海の荒熊」の愛称で親しまれた。
打席ではファンから「道産子パワーだ、タ・カ・ヒ・サ」と応援された。
1988年10月19日に川崎球場で行われたロッテオリオンズとのダブルヘッダーでは、第1試合の9回表二死二塁の場面で二塁走者として梨田昌孝の適時打でホームインし、決勝点となる得点を挙げた(第2試合に引き分け優勝は逃した)。

「鈴木貴久」と関連する人物(故人)