芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木貴久 氏

プロ野球コーチ[日本]

2004年 5月17日 死去急性気管支肺炎享年40歳

鈴木 貴久(すずき たかひさ、1963年11月20日 - 2004年5月17日)は、北海道旭川市出身のプロ野球選手(外野手)。
高校2年時の1980年に開催された第62回全国高等学校野球選手権大会において、北北海道代表・旭川大学高校の一員として出場。
同校は北北海道代表校として初めて2勝を挙げた。
高校卒業後、社会人野球の電電北海道を経て、1984年のプロ野球ドラフト会議にて5位で指名した近鉄バファローズに入団した。
1987年から4年連続20本塁打以上を打つ強打者として名を馳せ、出身地から「北海の荒熊」の愛称で親しまれた。
打席ではファンから「道産子パワーだ、タ・カ・ヒ・サ」と応援された。
1988年10月19日に川崎球場で行われたロッテオリオンズとのダブルヘッダーでは、第1試合の9回表二死二塁の場面で二塁走者として梨田昌孝の適時打でホームインし、決勝点となる得点を挙げた(第2試合に引き分け優勝は逃した)。

プロ野球選手・コーチ。 通称「北海の白熊」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は44→2番。 1963年11月20日、北海道旭川市生まれ。175cm、84kg。 旭川大学付属高校で1981年、夏の甲子園で3回戦進出。 卒業後、電電北海道*1に入社。 1985年、ドラフト4位で近鉄バファローズに入団。 1987年、左翼手の定位置を掴み、同年より1990年まで、4年連続20本塁打以上。 1988年には、10.19ダブルヘッダーにも出場。1試合目には9回表に梨田昌孝の適時打で二塁から決勝のホームを踏んだ。 1989年には、主力打者としてパ・リーグ優勝に貢献した。 1997年4月8日、大阪ドームでの公式戦第1号本塁打を放つ。*2 2000年、現役引退。 通算成績は1501試合出場、通算打率.257、192本塁打、657打点。 現役時代の応援歌 「お前の怪力で スタンドぶち込め 豪快に今日もまた 打て貴久」は名曲として知られる。 2001年、大阪近鉄バファローズの二軍打撃コーチに就任。大西宏明らを育てる。 2004年5月17日午前1時17分、急性気管支炎のため大阪府八尾市の病院で逝去。40歳の若さだった。 *1:後のNTT北海道。 *2:本塁打を記念したプレートが大阪ドームの外野席に飾られている。 (引用元 Hatena Keyword)

「鈴木貴久」と関連する人物(故人)