芸能人・経営者のおくやみ情報

坂東三津五郎 氏

歌舞伎役者・十代目[日本]

2015年 2月21日 死去膵臓がん享年60歳

坂東三津五郎 - ウィキペディアより引用

坂東 三津五郎(ばんどう みつごろう)は、歌舞伎役者の名跡。
屋号は大和屋。
定紋は三ツ大、替紋は花勝見。
また替紋として八代目は角切角に梶の葉を、九代目は梶の葉を、それぞれ使うことも多かった。
初代 坂東三津五郎 初代坂東三八の養子、1745–82。
大坂の生まれ。
竹田巳之助 → 初代坂東三津五郎 二代目 坂東三津五郎 初代の門人、1750–1829。
初代の死後その実子がまだ幼年だったため高弟が中継ぎに襲名、後年これを返上した。
尾上藤蔵 → 尾上門三郎 → 初代尾上紋三郎 → 二代目坂東三津五郎 → 二代目荻野伊三郎 三代目 坂東三津五郎 初代の子、1775–1832年。
化政時代の江戸歌舞伎を代表する名優。
坂東三田八 → 初代坂東巳之助 → 二代目森田勘次郎 → 初代坂東簑助 → 三代目坂東三津五郎 四代目 坂東三津五郎 三代目の養子、1800–63。
実兄は落語家の初代金原亭馬生。
二代目坂東簑助 → 四代目坂東三津五郎 → 十一代目森田勘彌 → 十一代目守田勘彌 贈五代目 坂東三津五郎 三代目の養子、1813–55。

】 歌舞伎俳優。屋号、大和屋。(初世)[1745~1782]大坂の人。前名、竹田巳之助(みのすけ)。坂東三八の養子となり、改名。江戸へ出て、和実の上手として名声を得た。(3世)[1775~1832]江戸の人。初世の実子。通称、永木(えいき)の親方。和事・実事・舞踊にすぐれ、3世中村歌右衛門と人気を争うとともに、坂東流の基礎を築いた。(7世)[1882~1961]東京の生まれ。12世守田勘弥の長男。舞踊の名人。 (引用元 コトバンク)

「坂東三津五郎」と関連する人物(故人)