芸能人・経営者のおくやみ情報

南條範夫 氏

作家経済学者[日本]

2004年 10月30日 死去肺炎享年97歳

南條 範夫(なんじょう のりお、1908年11月14日 - 2004年10月30日)は、日本の小説家、経済学者。
本名、古賀英正。
「條」は旧字のため南条範夫とも表記される。
残酷ものと呼ばれる独特の作品や剣豪小説をはじめ、幅広い歴史小説、時代小説で知られる。
東京市出身。
東京銀座の南紺屋町に、代々の医師の家に生まれる。
8歳から中国・青島の小中学校を出て、山口高等学校から1930年東京帝国大学法学部卒業、1933年同経済学部卒業、助手となる。
1936年満鉄調査部東京支社に入り、1937年宮崎正義が率いる日満財政研究会に、法学部助手だった戒能通孝らとともに参加。
軍による東亜支配を経済的に支える統制経済計画の策定に深く関与する。
1940年東亜経済懇談会参事、中央大学経済学部講師、1941年日本出版文化協会海外課長、ついで企画課長、1943年上海で法幣の価値維持工作に従事、1944年三井本社研究室次長、敗戦後1946年日本経済再建委員会常務理事、1949年國學院大學政経学部教授。

「武士道残酷物」で知られる時代小説作家。明治41年11月14日生まれ 本名=古賀英正 東京都生まれ。 旧制山口高等学校に進んだのち、東京帝国大学法学部を卒業し、さらに経済学部をも卒業した。いったんは大学の助手になったが、満州に渡り満鉄で軍の諜報活動に関わる仕事を担当していた時期もあった。 戦後、中央大学、國學院大學などで教壇に立つ。金融論が専門の経済学者であったが、作家としてもデビューし、兼業作家となった。 昭和26年 週刊朝日懸賞小説入選「出べそ物語」でデビュー 昭和28年 第1回オール讀物新人賞「子守りの殿」 昭和31年 第35回直木賞「燈台鬼」 昭和38年 「被虐の系譜」(「武士道残酷物語」として映画化) 昭和50年 紫綬褒章 昭和56年 第16回吉川英治文学賞『細香日記』 昭和57年 勲三等瑞宝章 平成5年 駿河城御前試合(ISBN:4198900116) 平成16年 10月30日没 享年95歳 (引用元 Hatena Keyword)