芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィレム・ルスカ 氏

柔道家[オランダ]

2015年 2月14日 死去享年75歳

ウィレム・ルスカ - ウィキペディアより引用

ウィレム・ルスカ(Willem Ruska、1940年8月29日 - 2015年2月14日)は、オランダの柔道家、プロレスラー。
アムステルダム生まれ。
1972年ミュンヘンオリンピック柔道男子無差別級、重量級金メダリスト。
オリンピック同一大会で2階級を制覇した唯一の柔道家。
身長190cm、体重110kg。
柔道現役時代からプロレス参戦の間のみならず、トレーニングを怠らなかった為、50歳代で再びリングに立った際にも往年の肉体を維持していた。
典型的な北欧人(スカンジナビアン)形質で長身にうすいプラチナブロンド、透けるような白い肌で熱戦になると白人独特の赤い肌になったためにマスコミから“オランダの赤鬼”などと称されたが、これはもちろん日本国内だけである(鬼=a devilに肯定的ニュアンスはほぼない)。
ニックネームは "Wim" Ruska。
10代で入隊したオランダ海軍水兵の時代に柔道と出会い20歳で選手キャリアをスタート。
その後日本に渡り日本人師範に師事した。
1960年代半ばには、オランダ国内で早くも東京オリンピック優勝のアントン・ヘーシンクと渡り合う強豪選手にまで成長した。

Willem Ruska 1940年8月29日〜2015年2月14日 オランダの柔道家。プロレスラー。アムステルダム生まれ。 1972年のミュンヘンオリンピック柔道男子無差別級と重量級で金メダルを獲得した。また、プロレスラーとして新日本プロレスなどに参戦した。 (引用元 Hatena Keyword)

「ウィレム・ルスカ」と関連する人物(故人)