訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アルマウェル・ハンセンGerhard Armauer Hansen

医師[ノルウェー]

(らい菌を発見、「ハンセン病」の名の由来)

1912年 2月12日 死去享年72歳

アルマウェル・ハンセン - ウィキペディアより引用
ゲルハール・ヘンリック・アルマウェル・ハンセン(Gerhard Henrick Armauer Hansen、1841年7月29日 - 1912年2月12日)はらい菌の発見で知られるノルウェーの医者。
ハンセン病(旧称:癩病)は彼の名に因む。
ベルゲンで生まれ、王立フレデリーク大学(現在のオスロ大学)で医学を学び、1866年学位を取得した。
研修医として短期間クリスチャニア(現オスロ)の国立病院で勤めた後、ロフォーテンの医者となった。
そしてハンセン病の研究のためベルゲンへ戻り、有名な専門家であったダニエル・コルネリウス・ダニエルセンと共に研究を進めた。
当時ハンセン病は家族性かまたはミアスマ(瘴気)によるものであると広く考えられていた。
研究を進めるうちにハンセンはこの病気の原因は細菌によるものではないかと考えるようになった。
1870年から翌年にかけて仮説を証明するための技術をつけにボンとウィーンに旅行した。
1873年、全ての患者かららい菌を発見したことを発表したが、これらが細菌であると主張しなかったため殆ど支持を受けなかった。